agaの治療は様々だ

aga(男性型脱毛症)は、思春期以降の男性において前頭部や頭頂部の頭髪が抜けて、生え変わった頭髪も太く成長する前に抜けてしまいどんどん細くなっていってしまうという脱毛症で、多くの方が悩みを抱えている脱毛症です。
しかし、このagaという脱毛症は、今は薬を使って改善させることが十分期待できる脱毛症になっていて、治療を受けている男性も非常に多くなっています。
どのような治療が行われているのかですが、基本的には内服薬による治療が行われています。
agaを引き起こしているのは5αリダクターゼが男性ホルモンを活性型の強力なものに変化させてしまっているからなので、5αリダクターゼの働きを阻害する薬を服用することでヘアサイクルを正常に戻すという形になっています。
しかし、agaに関する治療は他にも様々なものがあり、後頭部の毛包を薄くなった部分に植毛する自毛植毛などもありますし、最近では頭皮に直接注射する方法が大流行しています。
これは注射で頭皮に直接発毛を促進するものを注射していくというものなのですが、内服薬による治療よりもはるかに効果が高いということと、改善された場合には継続治療しなくても良いということで人気になっています。