agaが進行するときの型

agaはゆっくりと進行していくことが知られている男性に特有の脱毛症であり、進行パターンが大きく分けると三種類あります。
一つ目が前髪の生え際から脱毛が始まるものでありM型脱毛と呼ばれるパターンです。
ほとんどの場合にはagaの原因とされるデヒドロテストステロンの蓄積が原因であり、治療薬を使ってデヒドロテストステロンの生成を抑制すると改善が見られます。
二つ目が頭頂部のつむじの辺りから始まるものでありO型脱毛と呼ばれるものです。
この場合にはデヒドロテストステロンだけが原因である場合もあれば、頭皮の栄養不足が原因になっている場合もあります。
そのため、治療薬を使いながら栄養療法も併用するということが基本的な治療のアプローチです。
M型脱毛とO型脱毛は混合して起こってくるパターンもあり、その場合には混合型と呼ばれることもあります。
agaの場合にはおおまかに分けるとこういった三種類の進行パターンがありますが、中に前髪が全体的に薄くなっていく人や髪全体が薄くなっていく人もいます。
そのときにはagaが原因でない脱毛であることも多く、男性だからといって原因が全てagaではないということは留意しておくことでしょう。