AGAは完治する?

AGA(男性型脱毛症)とは毛髪サイクルが乱れる薄毛の病気です。
原因として男性ホルモンの影響が主ですが遺伝による事やストレス・食事・生活習慣も原因と言えるのです。
早い人は未成年でも発症します。
それまで育毛剤に頼っていた人は早めにクリニックや皮膚科、育毛サロンで、治療をした方が良いです。
僕のAGA治療体験記|ハゲに効果があったのは結局コレでした
ただ、薬の継続投与が必要であるので、完治はしません。治療の目的は「現状維持」「進行を遅らせる」事になります。
また、一時的なストレスや自己免疫疾患が原因の円形脱毛症は、完治が可能です。
治療期間は継続する事により効果が出て来ます。治療薬の効果が実感出来るようになるには3ヶ月はかかり、一年経っても効果が認められない場合、最終的には自毛植毛への治療も必要になるのです。
それでは、何処でどのような治療が出来るのでしょうか?
皮膚科でも治療は行いますが、AGAの進行を止める治療になります。
プロペシア等の薬を処方はしてもらえますが、頭皮のケアや頭皮に有効成分を注射する治療はしません。
育毛サロンは、医療機関でない為医療行為や薬の処方出来ません。
頭皮のクレンジングや洗髪、育毛剤の処方によって薄毛や脱毛症のケアを行います。
クリニックは専門の医療機関の事で発毛外来と呼ばれる事もあり、専門医による医薬品の治療や最新の発毛医療を受ける事が出来ます。
人によって治療での負担は大きくなるのですが、AGA治療は健康保険の適用外なのです。
理由としては命にかかわる病気ではないので、厚生労働省が定めた医療保険が適応されないのです。美容整形と同じ分類に分けられています。
治療内容によっては高額な医療費の負担になり得るのです。
気になる費用ですが、飲み薬での治療は1ヶ月分(28錠)で7,000円から10,000円、主にプロペシアで治療します。
ジェネリックでの治療では役2,000円以下で薬を購入する事も可能。
ミノキシジルの成分が入っている塗り薬で主に使われる「リアップ」は1ヶ月60mlで5,000円から8,000円で「ロゲイン」は2,500円程度。
発毛注射はクリニックによって値段は変わります。
1回1万円から4万円程度です。
中でも2006年よりアメリカから輸入しているHARG治療は効果は高いのですが、安いと8,000円程度、高いと10万円程の費用がかかります。
また、個人的に輸入や通販でも治療薬は購入できる物もありますが、自分の症状に合うかどうかは専門医に相談する事が大事です。
治療薬だけでなく、夜22時から深夜2時の時間帯(毛髪サイクルにとってのゴールデンタイム)にしっかりと睡眠が取れる生活習慣や食事、ストレスの発散も治療の手助けになるのです。